FC2ブログ
ファッション・インテリア・コスメ・旅行・音楽・動画・グルメ情報。通販、オンラインショッピングでブランドものを手に入れる! 裏原からブランドまで多彩。美容やエステ、ダイエットなども掲載

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エルメス、グッチでお茶しませんか
ブランドの華やかな雰囲気の中でお茶を楽しめるグッチカフェブランドカフェ 相次ぎオープン
 ヨーロッパの有名ブランドが、直営店にカフェを設けるケースが増えている。洋服やバッグなどの商品だけでなく、華やかな雰囲気の空間や飲食を通してブランドの総合的なイメージを伝えるのが目的だという。

 イタリアのブランド、グッチが今月3日にオープンした「グッチ銀座」(東京)は、銀座の街並みを見下ろせる店舗の4階をカフェにした。グッチがカフェを開くのはイタリア・ミラノに次いで2店目。

 ブランドが靴やバッグなどに用いてきた竹のモチーフを壁にあしらい、金色の壁面が華やかさを強調する。スパークリングワインが1杯1200円。ジェラートの盛り合わせが1200円。ブランドのロゴマークをあしらったチョコレートも販売している。

 「買い物の合間に、優雅な空間でブランドの持つ雰囲気にゆったりと浸ってもらうのが目的」という。

 先月末に東京・銀座の旗艦店を増床したフランスのエルメスも、2階に世界初のカフェを設けた。32席の店内は焦げ茶を基調にした落ち着いた空間だ。インテリアや食器類、スタッフのエプロンまで、カフェのために特別にデザインされた。これらは販売していないが、売ってほしいとの問い合わせも多いという。

 イタリアのバッグメーカー「フルラ銀座店」(東京)も今年5月、地下1階の売り場に初めてカフェを併設。バッグなどを眺めながら、コーヒーが飲める気軽な雰囲気だ。今月は半導体メーカーのインテルの協力を得て、無線LANによるインターネット接続サービスを無料で提供。

 「ファッションだけでなく幅広くライフスタイルの提案をしたかった。そのため、カフェにはアートに関する本もそろえています」と同ブランドの広報担当者は話す。

 海外では、ブルガリやヴェルサーチなどがホテルを経営し、アルマーニがインテリア関連の店を開くなど、ライフスタイルを提案するケースが世界的に目立っている。

 カフェは、各ブランドの美意識が隅々に反映され、イメージを直接、伝えやすい。消費者にとって、コーヒー1杯の値段で、華やかな雰囲気に浸れるのが魅力のようだ。
スポンサーサイト

ヒルズに伊・宝飾ブランド「アントニーニ」の旗艦店−日本初出店
ジャクスタポーズ(港区)は11月30日、六本木けやき坂通り沿いにイタリアのジュエリーブランド「アントニーニ」の旗艦店「アントニーニ六本木ヒルズ店」(六本木6、TEL 03-5770-7005)をオープンする。

 アントニーニは宝石商として1919年にイタリア・ミラノで創立。1988年にジュエリーブランドとして展開を開始し、1999年ミラノに初の店舗を出店。六本木ヒルズ店は日本初の旗艦店で、モスクワ・ドバイ・ソウルに続き5店舗目。日本への出店について同社広報担当者は「日本初の旗艦店として新作の発表会やイベントを行い、ブランドの発信基地としての役割を果たす」と話している。ターゲットは30〜50代前半の女性。店舗はステンレスを多用した内装で、総面積は86.64平方メートル。営業時間11時〜21時。

 取扱商品は、プラチナゴールドを使用したペンダント「バルセロナニュームードペンダント」(同店限定、220,500円)や、ホワイトゴールドを使用したペンダント「アラスカペンダント」(651,000円)、プラチナゴールドとスモーキークォーツを使用した指輪「パナマリング」(336,000円)など。平均単価は35万円で、イヤリング(63,000円)やチョーカー(461万円)なども揃える。

 六本木ヒルズへの出店について同担当者は「六本木ヒルズの顧客層には高額所得者が多い」として、「麻布、広尾、六本木ヒルズレジデンスなど、店舗周辺に住むニューリッチ層の顧客を取り込む」と話している。今後は2007年に1店舗、2008年に2店舗、2009年に1店舗の出店を計画。出店候補地は兵庫、大阪、愛知、福岡など。(
Copyright © ファッション インテリア ブランド. all rights reserved.
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。